大阪に転勤して 3 年が経ちました

本社の会議室で唐突に「あなたは大阪に行きます!」と言われてから早三年(「行ってください」じゃなくて、「行きます」って・・・)。「石の上にも三年」というように 3年というのは何かを成すにあたっても一つの区切りになるのではと思っています。別に大…

ハッカソンのサポートは最高の営業トレーニング

東海地区最大のハッカソンイベント Hack が終わり約1ヶ月が経ちました。 先日、上司と「ハッカソンのサポートは営業は仕事なのか?」と言う話になったことがあって、その時思ったことを改めて書いてみます。 ※会社や上司はハッカソンのサポートを反対してい…

中京テレビハッカソン「HACK-CHU!」参加レポート(後編:本選)

中京テレビハッカソン「HACK-CHU!」参加レポートの後編として、3/11,12 に行われたハッカソンの模様をお届けします。 前編はこちらです。 dstsukky.hatenablog.jp いきなりの浮気 後編のレポートと書いたのですが、3/11 の午前中は私は会場にいませんでした…

中京テレビハッカソン「HACK-CHU!」参加レポート(前編:予選)

東海地区最大規模のハッカソンとなる中京テレビハッカソン「HACK-CHU!(はっくちゅ)」に API 提供企業として参加してきました。今回も主観たっぷりにレポートさせていただきます。 概要 本ハッカソンは 100 名以上の方が参加する大規模なイベントとなり 3/ …

大嫌いだったゴルフにハマる

この記事は「嫌いだったものに一生懸命取り組んでいる自分エラい!」ということを言いたいのではなく、「取り組む前に全否定する」という自分の性格に問題があることを公にして、再発を防止することを目的に書いています。 過去には iPhone (Apple 製品) 車…

Webhook と Thunderbus で超便利!

kintone Webhook 企画 第3弾 本当はこの記事を最初に書いていたのですが、やっているうちに LINE 連携が楽しくなってきたてこの記事は3番目になりました。 同じネタで1日に3つも記事を上げると「お前どんだけ Webhook 好きなんだよ」と突っ込まれそうですが…

kintone と LINE でおしゃべりする

kintone Webhook 企画 第2弾 前回 「Webhook を使って kintone から LINE にメッセージを送る」というものを作りました。 これを作っている途中に「あれ? 元々 DataSpider にある kintone に書き込む機能(kintone アダプタ)を使ったら、LINE と kintone で…

Webhook を使って kintone から LINE にメッセージを送る

ついに来た! Webhook 2017/2/12 の定期メンテンナンスにて、kintone のアップデートが行われ Webhook の機能が実装されました。 主要なアップデート(2017年2月) | 製品情報 | ファストシステムを実現したクラウドサービス「kintone」 これにより kintone …

ノンプログラマー向けイベントを開催してみて

去る 1/20 にヤフーさん、サイボウズさんと共催で「カフェで学ぶ、3つのサービスを一度に体験!ノンプログラマー向けハンズオン」というイベントを開催しました。 開催に至った経緯 サイボウズさんとは以前から仕事でも親しくさせていただいていましたが、ヤ…

ノンプログラミングで作る LINE Bot

ご存じの方も多くいらっしゃると思いますが、LINE Bot Awards というイベントが開催されます。 botawards.line.me 弊社アプレッソも API 提供パートナーとして協賛させていただくことになりました。 「LINE Bot を作ってみたいけど、プログラムが書けない・…

ソフトウェア営業に技術力が必要な3つの理由

本記事は アプレッソAdvent Calendar 第9日目の記事にするつもりで書いていたものです。 qiita.com 当初はこちらを公開する予定でしたが、他に書きたいことができてしまったのでお蔵入りとなっていたものです。 せっかく書いたものですし、世の中の多くの営…

DataSpider を使った教育について考える

本記事は アプレッソ Advent Calendar 第9日目の記事です。 qiita.com アプレッソで東海・関西の営業を担当させていただいている築山と申します。 実は全く違う内容で 3週間ほど前に書き上げていたのですが、自分の出番を待つ間に別のことを書きたくなったの…

ブログはじめました

前からチョイチョイ Qiita に投稿していたのですが、内容的に Qiita に書くのが適切じゃないこともあったりしたのでこちらにやってきました。 ブログタイトルは斎藤さんのものをパクりました。